Rittoについて

開業から現在まで

◎2008年

 北海道旭川市で「北海道フードマイスターの焼き菓子 まめプラス」

 にて開業。焼き菓子の委託販売、イベント出店等をメインに活動。

◎2009年~2015年

 転勤や妊娠・出産のため、子育て中心の生活となり、年に数回のイベ

 ント出店、お菓子教室などを開催。

◎2016年

 マイホーム新築に伴い、自宅内に工房を作る。

 焼き菓子Rittoに名前を変え、再始動。

◎2017年

 5月オンラインショップオープン。


委託販売先

北海道千歳市 アイスクリーム花茶

北海道旭川市 アトリエharemi ※リンク先はfacebookページになっています。

 

※2017年5月時点


焼き菓子RITTOオーナーパティシエについて

名前:佐々木 紘子

 

中学生の頃にお菓子作りに目覚め、本を見ながら色々な焼き菓子を作りました。

友達においしいと言われるのが嬉しくて、作っては配っていました。

短大卒業時、進路に悩み一度は事務職に就きましたが、23歳の頃、本格的に学びたい気持ちが強くなり、札幌の洋菓子店に転職。洋生菓子、パイの製造・仕上げなどを学びました。

製菓衛生師、調理師の資格を取得しております。

 


焼き菓子Rittoのお菓子について

甘さ控えめがモットーです。

オーナー自身が甘いものがあまり好きではありません(笑)

そして、素材の味が分かるよう、できるだけシンプル。

でも、具が入るときは欲張りなほどたくさん。

北海道フードマイスターの資格を取得したこともあるほど、北海道が大好きなので、素材はオール北海道・・・と言いたいところですが、北海道で生産していないものもありますので、ほぼ北海道となっております。

自分がおいしいと思える納得できるものしか販売しません

そのため他では味わえないここだけの美味しさが隠れていますよ。


使用している原材料

ほとんどが北海道産の素材を使用しています。

北海道で生産されていないものは国産のものを使用、

海外の方が優れていたり、手に入りにくいものは海外産のものも使用します。(チョコレートなど)

砂糖は、三温糖・甜菜糖・きび砂糖などから、そのお菓子に一番合うものを選んで使用しております。

ベーキングパウダーはアルミニウムフリーのものを使用しています。

 

小麦粉

上富良野町の興農社さんが育てた小麦「きたほなみ」を直接仕入れて使用しています。興農社さんは、幻の小麦とも言われるパン用強力小麦「ハルユタカ」も生産しています。

季節の素材

ハスカップは千歳の農家さんから摘み取らせて頂いたものを加工しております。

りんごは旭川の山中果樹園さんの「さんさ」を使用しています。